男と女のハッピーライフ

男女の幸せな人生を目指している開運ブログです。

スポンサーリンク

誰でもできる劇的に「対人運」を上げる極意とは?

☆彡誰でもできる劇的に「対人運」を上げる極意について

 

「お叱りの言葉」や「苦言」はご厚意と思い、有難く頂きましょう。

 

ご厚意なのですから「頭に来るから」「嫌いな上司の言うことなんて聞きたくない」等と拒絶するのではなく有難く「ありがとうございます。」と受け取りましょう。

 

好きか嫌いかは別の話です。行動を改めるかどうかも別の話です。

 

 ただ、相手が「お叱りの言葉」という"ご厚意"をくれたことに対してだけは感謝することが大事なのです。

 

 たとえ、相手が、意地悪で言った小言でさえも、「叱ってくださってありがとうございます。」と感謝して受け止めれば、あなたは必ず成長します。

 

故に「成長する機会を与えてくれてありがとうございます。」なのです。

 

 面白いことに、相手の態度も、信じられないほど好意的に変わっていきます。

 

一つには、叱ったのに「ありがとうございます。」とは人間ができてるなとあなたに対する評価がアップします。

 

そして、それはあなたが相手の「お叱り」を受け取ったことに対する、当然のご褒美なのです。

 

 実は、あなたに向けて投げられた「行為」はすべて「好意」であり、「ご厚意」なのです。

 

でもね♪~

 

ほとんどの人がそのことに気付いていません。

 

自分の好き嫌いの感情に任せて、「受け取る、受け取らない」と浅はかな判断をしてしまいます。

 

それが自分を幸運という美味しい御馳走から遠ざけてしまっているのです。

 

もちろん、本心からあなたの為を思って叱ってくれている場合もあれば、ただ単にストレスから当たり散らしている場合もあるでしょう。

 

どちらにしても相手はあなたに対して時間とエネルギーを使ってくれました。

 

叱るという行為は「誉める」という行為よりもはるかに難しいことであり、エネルギーをたくさん使います。

 

ここに意味があるのです。

 

 宇宙はいろんな形で私たちを幸せに導いてくれます。

 

その方法は、ときに、お叱りとか悪口といった不快な形をとることもあります。

 

褒め言葉も、お叱り言葉もどちらも、私たちが幸せになるように、"宇宙が私たちに向けてくれたエネルギー"なのです。

 

誰かがくれたお叱りの言葉も好き嫌いでえり好みすることなく、"ご厚意"はすべて受け取ることです。

 

何せ幸せになるチャンスをくれているわけですから。

 

そのことがものすごく大きな変化を人生にもたらすのです。

 

■「お叱りの言葉」は「ありがとうございます。」と素直に、受け止めましょう

 

※「ローマは一日にして成らず」です。すぐにできないかもしれませんが、意識をもって生きていくと必ずできる日がやってきます。

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

「縁むすび」の本 (王様文庫)

「縁むすび」の本 (王様文庫)

 

 以上は 豊原未絵著『「縁むすびの本」』より一部抜粋&加筆

 

※オマケの付録 お辞儀の仕方について


愛され美人 美しいお辞儀の仕方

 

スポンサーリンク  

 

憧れの人と親しくなる秘訣『受取上手、喜び上手』は良縁に恵まれる!

憧れの人と親しくなる秘訣とは?

 

大切にお付き合いしていきたい人と、より強く、繋がるコツがあります。

 

それは、相手のご厚意をしっかりと受け取ることです。

 

ご厚意とは、例えばあなたが忙しくしている時「何か手伝えることはない?」と聞いてくれる気遣いや、ちょっとしたプレゼント、愛のある言葉などです。

 

 時々、このご厚意を遠慮しすぎて拒む方がいます。

 

これは大変もったいないこと。相手を淋しい気持ちにさせますし、つながりを強くするチャンスを自ら捨てているようなものです。

 

例えば、一緒に食事をしている時に、「味見してみる?」と聞かれたら「いいわ」と断るのではなく、ご厚意に甘えて食べてみれば、同じおいしさを共有できます。

 

「荷物を持ってあげる」と言ってくれたら持ってもらう。

 

 こうして、相手の気持ちを受け取る程、一緒にいることが楽しくなって、つながりはどんどん深まります。

 

特に「男性は誰かの役に立つことを本能的に喜びに感じる」ので、女性はどんどん男性に、活躍の場を提供してあげるといいでしょう。

 

助けてもらえるうえに、愛される。しかも、相手の男性も、大満足なのでいいことずくめなのです。

 

 またほめ言葉もご厚意の一つです。

 

「あなたこのこの頃綺麗になったわね」と褒められたなら、「そんなことないわ」と照れて、否定するのではなく、「嬉しい、ありがとう、自信がわいてきたわ」と、満面の微笑みで、その言葉を受け取りましょう。

 

 相手は、あなたが美しくなったことに気づいてくれて、そのうえ、それを言葉にして贈ってくれたのです。

 

これは愛情深くしっかり観察してくれていないとできないことです。

 

その気持ちをごみ箱に捨てるようなことをしてはいけません。

 

 さらにまた、お土産やプレゼントを頂いたときに、不相応に高価な品をお返しするのは、相手の気持ちを拒絶することと近いものがあります。

 

 相手はかえってあなたの迷惑になるかもと恐縮して、今後お土産やプレゼントををやめてしまうかもしれません。

 

そうなったら、相手との距離は広がります。遠慮も行き過ぎると心を閉ざしたことの表れになるのです。

 

「この人は!」と思う素敵な人や大切な人が、あなたにご厚意を示してくれたなら、兎に角、笑顔で丸ごと受け取りましょう。

 

☆彡今日の一言『受取上手、喜び上手』なほど良縁に恵まれます。

 

感謝して、「ありがとう」

 

何事もポジティブに!

 

「縁むすび」の本 (王様文庫)

「縁むすび」の本 (王様文庫)

 

 以上は 豊原未絵著『「縁むびの本」』より一部抜粋&加筆

スポンサーリンク  

 

一期一会「皆、何かのご縁で集まっている」"縁は異なもの♪~"

☆彡一期一会「皆、何かのご縁で集まっている」


あなたは何かの集まりなどでたくさんの人の中にいる時、妙に孤独で、居心地がよくないと感じたことがありますか?

 

なぜそんな風に感じるのでしょう?

 

それはきっと無意識のうちに、

 

「私は、私、あなたはあなた」「よそは、よそ、ウチはウチ」

 

と自分と他人の間に境界線を引いてしまっているからです。

 

そんな風に心の扉が閉まっていると、当然、人とつながることはできません。

 

そうなればいい情報も、出会いも、舞い込んできようがなくなります。

 

 同じ場所に居合わせた、あなたと相手、それ自体が「ご縁」なのです。

 

何か共通点やつながりがあるのです。

 

あなたと知り合うことで助かる人、あなたに会う必要がある人がいます。

 

逆に、あなたが出会うべき人がいるかもしれません。

 

そう考えたら、「この出会いのチャンスを逃さないようにしよう」とアンテナもしっかり立ち上がります。

 

もう、孤独だとか居心地が悪いなんて感じている暇はなくなります。

 

出会うべき人に、出会うのは「人生の近道」を見つけるようなものです。

 

運命はどんどん広がり、開けていきます。

 

ここで、出会いを取りこぼしてしまうと、人生が発展するスピードは遅くなります。

 

何時まで経っても、同じところをウロウロするような羽目になります。

 

私とあなたはつながっている。

 

この意識があるかないかが、出会い力の差なのです。

 

「皆、何かのご縁で集まっている」と思えば、心の扉が開かれます。

 

人生「一期一会」、「袖振り合うも多生(他生)の縁」、「縁は異なもの味なもの」と言います。

 

ご縁は大切にしたいものですね。

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

 

「縁むすび」の本 (王様文庫)

「縁むすび」の本 (王様文庫)

 

 以上は 豊原未絵著『「縁むびの本」』より一部抜粋&加筆


★一期一会(いちごいちえ)とは、茶道に由来する日本のことわざ・四字熟語。茶会に臨む際には、その機会は二度と繰り返されることのない、一生に一度の出会いであるということを心得て、亭主・客ともに互いに誠意を尽くす心構えを意味する。

茶人の千利休の弟子である山上宗二が言った「一期に一度の会」という言葉に基づく。(元は千利休の言葉とされる。)
本来は茶道の心得から出た言葉であり、その日の茶会での出会いは一生に一度しかないのだから、それを大切にして誠実な心で人と接するべきだということ。
「一期」は、仏教用語で生まれてから死ぬまでという意味。
「一会」は、主に法要などで一つの集まりや会合のことをいう。

茶会に限らず、広く「あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう」という含意で用いられ、さらに「これからも何度でも会うことはあるだろうが、もしかしたら二度とは会えないかもしれないという覚悟で人には接しなさい」と戒める言葉。


★袖振り合うも多生(他生)の縁=この世に生まれ出るまで、何度も生死を繰り返している間に結ばれた因縁。
どんなささいなことでも、偶然に起こっていることではなく、前世からの因縁によるものだから、道で見知らぬ人と袖が振れあうようなことでも、大切にせよというたとえ。

 

 ★縁は異なもの味なもの=

男女の縁はどこでどう結ばれるかわからず、非常に不思議でおもしろいものだということ。


縁は異なもの / ダイナ・ワシントン

"縁は異なもの"

What a defference a day made
Twenty four little hours
Brought the sun and the flowers
Where there used to be rain
My yesterday was blue, dear
Today I'm part of you, dear
My lonely nights are thru, dear
Since you said you were mine

What a defference a day maked
There's a rainbow before me
Skies above can't be stoymy
Since that moment of bliss, that thrilling kiss
It's heaven when you find
Romance on your menu
What a defference a day made
And the difference is you

 

縁は異なもの

縁は異なもの

 

 

一日がなぜこんなに大きな違いをもたらすのかしら?
ほんの二十四時間ほど過ぎたというのに
雨が降っていたところに
太陽と花が輝いているなんて
私のきのうは暗くよどんでいたけれど
今日の私はあなたの一部になったように感じる
あなたが私のものだと言ってくれたので
寂しい夜は過ぎ去ってしまった

一日はなぜこんなに大きな違いをもたらすのかしら?
私の前には虹がひらいている
あの素晴らしいキスの恍惚とした瞬間から
空の上にはもう荒れ模様の天気はない
ロマンスがメニューに載っているなんて
それはまるで天国のようだわ
一日がこんなに大きな違いをもたらすなんて?
そしてその違いはあなたなの

 

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク